ビジネスに活用する|外付けhddを利用して仕事の生産性を上げよう
会社

外付けhddを利用して仕事の生産性を上げよう

ビジネスに活用する

システム

ファイル共有の便利な情報

企業でIT機器を使うことが一般的になってきており、文書などのファイルをファイルサーバにおいて、従業員で共有して使うことが一般的になっています。こういった共有されたファイルは、いくつか工夫をすることにより、より便利に使うことができますし、それに対応した製品も多く販売されています。まず最初にファイルについてファイルサーバ上で、更新履歴を管理するようにすると、どのバージョンが最新化がわかるようになります。一番簡単な方法はファイル名を付けるときに、バージョン情報を記載したり、更新日付をつけるといった手法です。これであれば、どれがいちばん新しいのか一目でわかりますので、履歴管理にとても有効な手段で、幅広く使われています。

ファイル共有の現在の状況

ファイルサーバは幅広く企業で利用されていますが、この分野でもクラウドの利用が広まっており、企業の大小を問わず注目を集めています。クラウドにファイルサーバを置くことにより、どこからでも利用できることはもちろん、万が一のバックアップやリカバリーも容易になります。またクラウド上にファイルを置くことで、サーバ運用のコストを削減できるという面も、見逃せないポイントになります。もちろんファイルサーバ上のファイルは、各種システムと連携することが多く、一緒にクラウド化することで、その価値は高まります。このような状況から、ファイルサーバをクラウド上に構築する企業が多くなっており、その利用は広がっているのです。