パソコンのデータ保存|外付けhddを利用して仕事の生産性を上げよう
会社

外付けhddを利用して仕事の生産性を上げよう

パソコンのデータ保存

グラフとPC

業務で使用する端末の場合、できるだけバックアップ体制の整った共有サーバーにデータを保存するのが基本となります。共有サーバーは、通常データ管理先任者がメンテナンスを行っていますし、メンテナンス業者が保守サービスを請け負っている場合も多くあります。よって、ある一定程度の保管レベルが確保されているはずです。保管レベルが確保されていない場合は、できるだけ速やかにBCP対策としても万が一の災害等に備える観点からもバックアップ対策を取るべきです。一方、共有サーバーに保管していないデータも一定量あるのも現実です。例えば、メールデータなどは、個々のパソコンに保管されていることが一般的です。こうしたデータは、バックアップを取っていないことが多くあります。

こうした個々のパソコンが万が一故障した場合、社内では通常修理することは、困難です。ソフト的なエラーによってパソコンが動かない場合は、ある程度のパソコンスキルのある方ならば、データ復元させることはできます。ただし、機械的に故障してしまった場合は、データ復元の専門業者に依頼することとなります。データが読みだせなくなる一番の原因は、ハードディスク故障です。これは、ディスクを回転させてこれを読みだすという、物理的に動いている部品であることが原因と1つとなっています。データ復元の専門業者は、ハードディスクの物理的故障かどうかを特定した場合は、これを分解し、修理することができます。これにより、データ復元の可能性が高まります。